沖縄のマスコミ業界の求人

沖縄求人TOP >> 沖縄で人気の業種一覧 >> 沖縄のマスコミ業界の求人

沖縄のマスコミ業界の求人

沖縄で人気のある職種の一つに、マスコミ業界があげられます。マスコミとは、マスメディアによるコミュニケーション(情報伝達)の略であり、新聞社や通信社、出版社など特定の発信者から、新聞や雑誌、テレビなどのメディアを通して、不特定多数の人々へと情報伝達を行う仕事です。しかし、一言でマスコミといっても、メディアの種類によって方向性がまったく異なります。

マスコミには主に、報道系とコンテンツ系があり、報道系である新聞社や通信社、テレビ局などで働く場合は、記者やディレクターとなります。報道系は、大手もあれば下請けの製作会社もあり、下請けになるほど給与が低くスタッフの離職率も高いですが、その分、未経験者でも入りやすいといえます。ただし、テレビ局などは大変狭き門ですので、学歴があってもなかなか入れないことが多く、マスコミ関係者とのコネクションが重要となります。一方、コンテンツ系である出版社や広告代理店でライターとして働く場合は、アルバイトから正式に就職するというパターンが多くなります。

どちらも情報を扱う仕事ですので、様々なジャンルに精通している必要があります。コネクションや経験が重要とはいえ、情報収集力・情報処理力を図るための一つの方法として、もちろん学歴も重視されます。とうのも、マスコミ業界は大変人気が高く、高学歴の方の応募が殺到するため、大学名だけで一次選考を落とされてしまう可能性があるのです。

とはいえ、近年は学歴よりもその人の持っている知識や物の見方を見るため、面接を重視するところも多く、一概に語ることはできません。また、たとえコネクションや目立った学歴もないという場合も、プロダクションやフリーで働き、少しずつ実績を積み上げることでキャリアアップを図ることも可能です。マスコミ業界への転職を希望する方は、まずは自分の実力について鑑みながら、キャリアアップのためのプランについて考えましょう。

そうはいっても、マスコミ業界について詳しくない方が一人で計画を立てようにも、分からないことが多く、計画が頓挫してしまうケースも多いでしょう。そこでおすすめなのは、転職支援サイトを活用することです。転職支援サイトでは、専任コンサルタントが転職希望者一人一人を丁寧にカウンセリングし、将来のキャリアプランについて一緒に考えながら、適切な転職先を提案してくれます。また、面接のポイントや、受かりやすい履歴書の書き方など、有益なアドバイスも行ってくれるため、一人で転職活動をしている方にとっては大変心強い味方となります。

沖縄に特に強い!最新求人サイトランキングTOP5!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国対応
沖縄の求人数 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2017 沖縄求人情報サイトランキング【※南国生活を転職でスタート】 All Rights Reserved.